失敗しない為の外壁塗装知識 TOP > コンテンツ一覧 > 外壁塗装料金の大幅な値下げの裏側

外壁塗装料金の大幅な値下げの裏側

よく外壁塗装の工事の提案で訪問営業が訪れるかと思います。つい時間があったから、と耳を傾けると外壁塗装の必要性などを聞かされ、即決を迫られた、ということはなかったでしょうか?
多くの営業マンは即決が欲しいのです。商談が保留になると契約に繋がらないことをよく知っているからです。
「ちょっと考えたい」と言った後に外壁塗装料金の大幅な値下げをして即決に繋げる例もあります。契約に迷っていると大幅な値下げに心が揺れやすくなりますので、ついついその場で契約をしてしまいます。

しかし、そうはいっても外壁塗装料金は値下げしたとしても、相対的に安くなっただけで金額だけ見れば高額です。後々冷静になった時に不安になるものです。
そもそも何故、大幅な値下げができるのでしょうか?それならそれ相当の理由がないと値下げはできないはずです。

大幅な値下げを提示するということは、最初の提示した金額には異常なまでの利益を上乗せして設定しているか、人件費や材料費を必要以上に落としているかのどちらかの可能性があります。もしも、利益を上乗せをしていても、それが納得のいく金額で契約したなら仕方のないことですが、コストを下げて工事をされた場合は後々のトラブルにも発展しかねません。
値下げしてもらったらその理由を聞いてみるのも良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 失敗しない為の外壁塗装知識 All Rights Reserved.